角印選び

印鑑5

角印を購入する際にはさまざまな条件を決めなければいけません。まず書体については篆書体をおすすめします。こちらは角印の書体としては定番となっています。こちらは偽造されにくい書体となっています。そのため、法人関連の印鑑としてはよく利用されるのです。

印鑑というのは偽造されてしまうと大きなリスクが存在しています。特に法人の場合は気をつけなければいけないでしょう。また、吉相体や古相体が選択されることもあります。

角印のサイズを決めなければいけません。サイズとしては21mm・24mmのものをおすすめします。こちらは定番のサイズとなっています。文字数としては30文字程度を彫刻することができるでしょう。また、材質を選択する必要もあります。

こちらについては耐久性がとても重要となります。頻繁に角印を変えるわけにはいかないからです。丈夫な材質としてはチタンがあります。こちらはメンテナンスフリーとなっており、耐久性や耐火性、耐水性などに優れています。

そのため、ずっと使い続けることができるでしょう。

以上の点を参考にしながら角印を選んでください。角印はとても重要なものであり、それぞれの条件についてしっかりと検討しましょう。丈夫で使いやすくて偽造されにくいものが良いでしょう。

関連:サイトの選び方